タレント

米山隆一と室井佑月の馴れ初めがヤバすぎる!二人のキューピットは安倍首相だった?!

元新潟県知事の米山隆一さんと作家の室井佑月さんが近日入籍予定であるとニュースが入りました。

米山さん本人も認めていらっしゃいますね。


今回は、

お二人の結婚までのなれそめ

真剣交際に至ったきっかけ

を調べてみました!

米山隆一と室井佑月のなれそめは?

関係者によると、昨年末から交際しており、婚姻届の提出日は決まっていないという。
2人は共通の知人を通じて知り合い、昨年末から交際に発展した。知人は「米山さんが猛アプローチして、室井さんもそれに応えたそうです」と明らかにした。2人は既に周囲に結婚を報告している。サンケイスポーツ

 

室井は昨年8月に乳がんの手術を受けたそうです。

関係者は「再発の不安を抱えながらの生活の中で、米山さんから熱烈なプロポーズを受けた。大きな心のよりどころになっているようです」と明らかにした。サンケイスポーツ

人はどんな時でも自分が辛い状況下に置かれていた時

誰かが献身的に支えてくれる存在がいる

ことは本当に強いし、頼ってしまいますよね。

ある意味、「好きになってしまう絶好のタイミングだった」とおもいます。

披露宴は?
挙式・披露宴に関しては「こういう時期なので、コロナ禍が収束してからにしたいと思います」Twitterで発信していました。
家族や米山さんの後援会の方々とのお披露目会になるのでしょうね。

米山隆一と室井佑月のキューピットは安倍首相だった?!

「室井さんとはツイッターなどで意見交換をする仲で、脱原発など政治信条も近かった。2016年10月の新潟知事選で、米山氏が脱原発政策を掲げて当選した際、室井氏はスポーツ紙のコラムで『正義は勝つ!』と書くなど大喜びしていました。今年初め頃から急速に仲を深め、交際に発展したと聞いています」(米山氏の知人)

ツイッターでも意見交換を行っていたようです。

米山さんは脱原発に関心があり、新潟知事当選も掲げていましたね。

現在は、医師という肩書もあるため「コロナウイルス」関連で積極的に発信をされています。

室井さんは安倍政権の批判を歯に衣着せぬコメントをしています。

共通は安倍政権に関して共通した思考があり、共感を得られた結果

急速に仲が深まったのだと思います。

以前の女子大生の時には女性と近しい関係になるためには金品や贈り物をしなければ好かれないと思っていた同一人物とは思えないですね。

これが本当の交際なんだと思います。

米山隆一さんってどんなひと?

米山氏は初婚で、2018年4月に出会い系サイトで知り合った女子大生と援助交際をしたとして県知事を辞任。
米山氏は東大卒で弁護士資格と医師免許を持つ。16年に新潟県知事に初当選し、18年に辞職している。現在は医師、政治家としての視点から新型コロナウイルスに関してさまざまな発信をしている
サンケイスポーツ

18年に新潟知事に当選しましたが、女子大生と援助交際が発覚し辞職しました。

お粗末であり、高学歴男性が恋愛経験が乏しいため女性へのアプローチが誤った方向になってしまった結果でしたね。

今でも政界復帰の噂が出れば、周囲からは「出馬を考える前に、身を固めろ」と指摘されているそうです。

となれば、今回思想が近い室井さんと出会い、結婚間近となればこれ以上に心強いものはありませんよね。

室井佑月さんってどんなひと?

室井は1999年に作家、高橋源一郎氏(69)と結婚して長男(19)をもうけたが、2001年に離婚。
昨年8月にステージIの乳がんのため手術を受け、現在は月に1回の定期健診を続けているが、米山氏の支えもあり、元気に仕事をこなしている。
:サンケイスポーツ

親にとっては子どもの存在って再婚を考える重要ポイントだと思います。

長男も成人間近ということもあり結婚へ踏み切ったのかもしれませんよね。

ネットの反応は?

まとめ

米山隆一さんと室井佑月さんのなれそめや出会いのきっかけを調べました。

以前から、政治に関して意見交換はしていた。

思想が近いこともあり米山さんが親近感を抱いた。

米山さんから猛アプローチを行った結果二人は無事にゴールイン間近ということでした。

お二人ともお幸せに!!