スポーツ

IOCの延期発表は遅い?早い?東京五輪の延期理由がヤバかった!!

東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が正式に発表されました。

今回はこちらのニュースについて検討したいと思います。

東京五輪は正式に1年延期と決定

東京オリンピックをめぐり安倍総理大臣は、IOC =国際オリンピック委員会のバッハ会長と電話会談し、1年程度の延期を提案したのに対し、バッハ会長は、全面的に同意する意向を示し、遅くとも来年夏までに開催することで同意しました。NHK

安倍総理大臣は、IOCのバッハ会長と電話会談を行い、大会組織委員会の森会長や東京都の小池知事、橋本担当大臣も出席しました。

「開催国、日本として、喧嘩の現状踏まえ、世界のレスリーとの皆さんが最高のコンディションでプレイでき、観客の皆さんにとって、安全で安心の大会とするためにおおむね1年程度延期することを軸に検討してもらいたい」と述べたのに対し、会長は、「100%同意できる」と述べ、東京大会は延期せざるを得ないと言う認識で一致しました。

NHK

これで無事に五輪開催が夏延期になったというわけですね。

「やっと延期決定か~!」と思った方もおおいのではないでしょうか。

東京五輪の延期理由

東京五輪の延期理由としては新型コロナウイルスの影響ですね。

WHOの事務局長が、(新型コロナウィルスによる感染症)COVID-19のパンデミックが加速していると述べました。

今では世界全体で375,000人超の症例が記録されており、ほぼ全ての国でとれていることです。

コロナウイルスの影響で相次ぐ渡航規制や地域封鎖によって選手たちは安全に練習することができなくなっていたこと。

オリンピックとパラリンピックの選考会日程はどんどん削られており出場選手選考どころではなかったこと。

要はオリンピックを開催したとしても本当の実力ある選手が正式に選ばれず、すべての選手が公正に競技ができる状態ではなかったということですね。

IOCの延期発表は遅い?早い?

なぜIOCの発表がここまで遅かったのか。

IOCがいたずらに反動行伸ばしているのではないかと、各国の子委員会や選手たちの間にはそういう意見もあり、大勢の間に苛立ちや混乱が募っていたからなのです。

そしてやっとIOC4週間かけてじっくり検討すると言ってからわずか48時間後の今、東京五倫の延期が決まったのは理由は知りたくありませんか?

IOCは損害賠償を恐れていたから

IOCと大会組織委員会のどちらが最初に折れるかの「我慢比べ」になっていた可能性があります。

延期が決定されれば、経済的な法的な問題が想定されるからです。

スポーツ問題を扱う弁護士の第一人者ジョン・メアザッド勅選弁護士は、誰が実質的に引き金を引くかは、訴訟の面から重要だと説明していた。引き金を引くものは誰であれ、開催都市契約に違反したとして訴えられる恐れがあるから BBC

いまや五輪は単なるスポーツ大会ではなくショービジネスにもなっています。

五輪憲章はもちろんありますが、数多くのスポンサーやメディアなどが関連してくるため膨大な額(何十億ドルもの)損害賠償求められる危険があったのです。

実際、WHO(世界保健機構)は、5輪開催は不可能だといっていなかったですよね。

そしてIOCバッハ会長は「WHOの指示に従う」と発言してWHOが言うから私たち(IOC)は仕方なく延期した。

つまり、IOCにはなんら責任がありませんよ。と責任転嫁したいわけです。

延期をしたとしてもその後の重要競技大会の日程もあり、そちら側からの賠償などもいわれる可能性もあります。

2021年8月6日から15日にアメリカオレゴン州友人で開催予定の世界陸上と日程がぶつかるため、世界陸連は既に主催者側と連絡をとっており、必要となれば別の日程を探るとの確約を得ているそうです。

来年7月から8月にかけては、女子ラグビーのワールドカップがニュージーランドで予定されています。おそらくこちらも調整がほぼ可能なのでしょう。

世間の「五輪延期やむなし!」の要望がピークになった時を待って、いわゆる「我慢比べ状態」に入ってIOCは3/24に発表したということが考えられますね。

五輪延期に伴い世間の反応は?

オリンピック委員会(BOA)幹部は「国と世界そのものが大変な困難に耐えているこの時、自分たちが来の準備を続けるなど考えられなかった。延期は正しい判断だ」

延期という判断は正しいと思います。

年齢的に、今年がラストチャンスと考えていた選手にも、
一年なら希望を与えるし、
経済も一年なら、なんとかしてやると、発破をかけれる。

今、全て最良の形を決めるのは無理でしょう。ただ様々なデメリットを可能な限り回避する選択肢として一年程度の延期という判断になったことには賛成です。

世界的パンデミックの状況で無理矢理開催せず、1年程度の延期としたことは、現段階でよい判断だと思います。開催に向け準備をする方々からしても恐らく1年程度というのが限界ではないかと思います。

 

五輪開催はいつから?のまとめ

五輪開催は「世界の平和の象徴」であったものですが巨大ビジネスと化してしまったオリンピック。

損害賠償や数々の競技大会などの調整ももちろん必要なことです。

今後、人類が新型コロナウィルス感染症に打ち勝った証として完全な形で東京大会を開催することを願い、聖火はその光明になれるはずだとのことで日本にとどまることで合意したそうです。

私たちはきっと忘れることのできない東京五輪2020を迎えることができることでしょう。

最期までお読みいただきありがとうございました!