俳優

新田真剣佑の性格悪いエピソードまとめ!世間の反応がやばかった!

新田真剣佑さんは近年、若手俳優としての活躍が目覚ましいですね。

注目度が増えるにつれ、「新田真剣佑は性格が悪い!」とネットでも噂が出たりしています。

新田真剣佑さんが「本当に性格が悪いのか」「なぜ性格が悪いと言われる原因は何なのか?」を検証したいと思います。


新田真剣佑の性格悪いエピソードまとめ!


新田真剣佑さんには数々の性格が悪いと言われる原因がありましたので、ご紹介したいと思います。

新田真剣佑の性格は父親(千葉真一)譲り?

新田真剣佑さんの父親は千葉真一さんです。

千葉真一さんは爆弾発言をしてしまう人で真剣佑さんは以前、

広瀬すずさんとの共演で「映画が2本連続いっしょだったので2年半の付き合いになりますずっと一緒でした。」

と発言されています。

こちらが勘違いしてしまうくらいの発言を新田真剣佑さんはさらりと発言をしています。

さらに新田真剣佑さんは「今の年齢だとアメリカではコメディー役が多い、ハリウッドで活躍するにはもっと年齢が必要。だからいまは日本で作品を残していきたい。」と発言されていました。

日本は、ハリウッド俳優になるため階段なのか?と不快になる方がいたのでしょう。

新田真剣佑は悪役が多くて役柄の影響が原因?

新田真剣佑さんはガタイがよく少し怖そうな顔つきをしているからか、これまでにガラの悪い役を演じる機会が多かったです。

『仰げば尊し』

『僕たちがやりました』

『トドメの接吻』

いずれも悪者・どす黒い役だったりしていました。

ドラマや映画を見ている視聴者が役者が演じる役柄を役者そのもののにイメージを植え付けてしまうことはありますよね。

同じようなダークな役柄が続いたためそのようになったのかもしれません。

新田真剣佑は表情がでないことが原因?

また、新田真剣佑さんはダークな役柄以外にも無表情の役が多いため

「感情が表に出ない!」

人間に興味がない?

顔は笑っているが心の中はどうなの?

同様に役柄からの延長で真剣佑さんのイメージを言われている感じがしますね。

新田真剣佑はUSJでのマナー違反が原因?

完全にプライベートで訪れたUSJで不幸にもファンからある写真を撮影された新田真剣佑さん。

その様子というのが『ジェットコースター中の自撮り』であり、新田真剣佑さんはジェットコースターに乗る際にスマホを持ち込み自撮りをしていたというのですね。

このアトラクションはスマホなど手荷物の持ち込みは禁止されているのです。

その様子が、新田真剣佑さんに多くの批判が集まることになったというのです。

プライベートで訪れている場所を撮られてしまうのもある意味可哀そうなのですが、やはりマナー違反の現場を押さえられたことが原因ですね。

実際に新田真剣佑さんも後にTwitterで「深く反省をしております」と謝罪していたようですが、これは批判の声が上がっても仕方がありません。

新田真剣佑は極度の人見知りだった?

新田真剣佑さんはかつてドラマ『僕たちがやりました』に出演したのですが、同ドラマで主演を務めていたのは俳優の窪田正孝さんです。

窪田:マッケンは、すごくシャイなんですよ。自分のことを言われるの苦手だもんね。

新田:そうなんです。ありがとうございます。

<中略>

窪田:マッケンはシャイで人見知りだから。B型だもんね?僕もB型だから、分かります。

引用元: 窪田正孝、新田真剣佑との“超至近距離”撮影で考えていたことは?憧れのきっかけ「カノ嘘」トークも<僕たちがやりましたインタビュー>

人見知りだからわかる「この人は愛想が悪いわけじゃない。人見知りなだけ。」
と感じたのでしょう。

人見知りなのが「反応が悪い」「性格が悪い」とイメージを転換してしまうことはありますね。

第一印象が悪いタイプなのかもしれません。

新田真剣佑は敬語を知らない?

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の撮影エピソードを話した時。新田は、山田孝之や伊勢谷友介など、年上の芸歴が長い俳優には“さん”を付け、歳が近く芸歴も近い山崎賢人に対しては呼び捨てで話していた。だが、その中で年上で芸歴も長い岡田将生には“さん”を付けず、呼び捨てで話していたのだ。

「目上の俳優に対しては敬称をつけるのに、30歳の岡田将生さんに対しては付けなかったため、ネットでは『岡田くんを下に見ているの?』『嫌いなの?』『性格悪いな!』と批判が殺到していました。

ただ、過去には賀来賢人さんも呼び捨てにしていたことがあり、すごく仲のいい俳優だと年上でも呼び捨てにするよう。帰国子女ですからね。年上には敬称をつけるという日本の文化はあまり受け入れられないのかもしれませんね」(マスコミ関係者)

この情報を知った人は「人を見て態度を変えている」との指摘も多く上がっているようですね。
人見知りがある新田真剣佑さんはフレンドリーになれば素の状態で接するあまり呼称にも変化が出てくるのかもしれません。

それが日本では「年上には敬語を」という日本式文化よりアメリカ文化が長い新田真剣佑さんは自然とそうなったのでしょうね。

新田真剣佑のフレンドリーな行為が「パシリ」「雑魚扱い」疑惑

「以前、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際、親友として若手俳優の草野大成さんが出演しました。
草野さんが明かした仲良しエピソードが酷くて……。

昼夜を問わず鬼電されたり
大事なものに内緒でサインをされたり
食べ物ハラスメントをされた

など、内容が仲が良いというよりは『パシリ』『雑魚扱い』と当時話題になりました。

その印象が強いため、

『性格は悪い』

『人を見て態度を変える人間』

『裏表が激しい』

という声がいまだ根強くあるようで、彼はフレンドリーな人ではないという人もいるようですね。

これもアメリカ式のいたずらなのかもしれません。

人間恐怖症になった?

新田真剣佑さんは日本での活動を開始した頃はアメリカ住まいの頃のように初対面の人にでも「はじめまして!!」と気軽に挨拶していたようですが、アメリカ人と日本人とでは全く反応が違うと語っていました。

真剣佑の性格について気になるネットの反応は?

2020年3月22日に「ボクらの時代」で岸谷五郎さんと西川貴教さん新田真剣右さんが出演しました。
その時のネットの反応がこちらです。


ネットの評判は新田真剣右さんの魅力や岸谷五朗や西川貴教さんへの慕う姿などがネットでは好評のようですね。

新田真剣佑の性格悪いエピソードまとめ!世間の反応がやばかった!のまとめ

以上をまとめると

アメリカからの帰国子女での環境の戸惑

アメリカと日本の反応の違い

人見知り

役柄のイメージが悪役やダークなイメージ彼のイメージになってしまった

 

これらから結果的に「性格が悪い」となったものだと考えられます。

しかし、近年のメディアでの活躍や実際に先輩俳優と話をしている姿をSNSでの反応をみると好評なのも少しずつ日本文化に馴染め、本来の新田真剣佑さんらしさが上手くでているからだと考えられますね。

父親である千葉真一さんの教えのなかに「人と話すときは相手の目を見る。」があります。

コミュニケーションの大切さを肌で感じているからこそ新田真剣佑さんは数々の先輩俳優に可愛がられる存在となり今後も役者として活躍されることは間違いないですね!

そして、年齢が熟したころには念願の夢のハリウッドでの活躍も期待したいと思います。