芸人

大橋彰の演技がすごい!過去の出演作品を動画で検証!」

文字通りの全裸にお盆姿で芸をしていたアキラ100%

実は俳優として「大橋彰」と本名で近年活躍
されていることを知っていますか?

なぜ、
俳優として活躍を始めたのか、
実際のところの演技力はどうなのか気になりますよね?

そこで今回は俳優「大橋彰」の過去作品や評価をもとに検証していきましょう!

大橋彰の演技力がすごい!

大橋彰さんの初映画出演「ゆらり」
準主役の「こはく」の器用をした横尾初喜監督の評価はこちら↓

「クライマックスでのアキラさんをはじめとした俳優部の演技がすごすぎて、初めてモニターを見ながら号泣してしまい、カットをかけることができませんでした」

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Jisin_1715002/

映画「こはく」で共演した俳優 井浦新さんの評価はこちら

「まだ、裸の方しかイメージないかもしれないですけど、スゴいんですから、ホントに。ぜひ、彰さんの芝居を味わってください」と俳優・大橋彰の才能を絶賛していた。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2139375/full/

すごくないですか?
監督も主演の井浦新さんも絶賛しているんですよね。
そしてまだ大橋彰さんの作品を見たことがない方はどうぞ

こはく

スカッとジャパン

どれも自然な演技が魅力でぱっと見では
100%アキラが演じているとは思えませんよね。

「こはく」では準主役で井浦新さんと引けを取らない演技。

普段の話し方や空気感など全く違うオーラが漂っていますよね。

大橋彰の演技力!ネットの反応は?

ネットの評価はこちら↓


ネットの反応も概ね良好ですよね。

気が付かなかった!という方もちらほら…。

それだけ自然で
普段の芸人「アキラ100%」
とは違う表情を出しているからなのではないでしょうか?

特に救命救急医はリアルに在籍してそうなドクター感が漂ってくる。

現場にはイケメンドクターはほとんどいないでしょ?

でも大橋彰さん演じるドクターは普通に勤務してる感じがしますよね。

大橋彰のプロフィール!はもともと俳優志望だった?!

大橋彰さん(アキラ100%)はもともと高校時代に演劇部に所属していました。

大学進学後も
演劇を続けたい気持ちはあるものの
演劇部がなく外部の劇団に所属していました。

そして演劇が好きから俳優志望へと変わり、
20代は俳優養成所にも通っていたそうです。

大学卒業後は、
芸能事務所に入り
椎名桔平さんの付き人・運転手
をしていましたが、
自分の失敗に嫌気がさし
置手紙を残して逃亡してしまいました。

20年以上経過してから
番組でアキラ100%として出演した時に
椎名桔平さんから
「よく頑張ったね。」
とお手紙を頂いていました。

そんな大橋さんと椎名桔平さんは連続ドラマ「トップナイフ」で共演を果たしております!

世間に認知された裸芸だけではすぐに消えていた可能性あり?

ちょこちょこ裸芸人さんはいますよね。

小島よしお
とにかく明るい安村
ハリウッドザコシショウ
江頭2:50

どの方も一度はテレビでよく見かける時期がありましたが現在は…?
という感じでしょうか。

昨今のテレビ番組では裸芸だけで生き延びていけるほど寛大ではありませんよね。

あの「クレヨンしんちゃん」ですら最近はおしりを出さなくなったとか。

2018年には懸念していたおぼん芸失敗もありアキラ100%でのテレビ出演は激減していきました。

大橋彰の演技力は一流!今後は俳優へ転身!?

少し前までは「お盆芸人の一人」でだった
大橋彰さんを一人の俳優として評価しそれも絶賛しています。

そして2020年1月クールのドラマでは「トップナイフ」に救急医役として出演しています。

学生時代から演劇と向き合い、
一度は芸人の道へと進んだ大橋彰さん。

俳優の基礎は出来ていたことで
現在ちょうどいい感じのおじさん感が出ていたのかもしれませんね。

着実に俳優としての評価を積み上げている
大橋彰さんへ今後も出演オファーを考えている映画監督やプロデューサーは多いと思います。