新型コロナウイルス

石田純一の沖縄の店(冷麺)はどこ?口コミ内容や閉店確率がヤバかった!

芸能界でまたコロナウイルスへの感染が出ました。

「不倫は文化」の石田純一さんがコロナウイルス感染しました。

感染までの行動に問題があるようで厳しい声も上がっています。

今回は石田純一さんが大切にされていた

沖縄の冷麺のお店は美味しいのかどこにあるのかを調べました。

石田純一の沖縄の店(冷麺)はどこ?

2017年11月にオープンをされているようですね。

おしゃれなデザイナーズビルにあるようです。

石田純一の沖縄の店(冷麺)の口コミは?

気になるお味はどうでしょうか?

芸能人のお店という軽い感じなのかそれとも本格的なものなのか見ていきましょう。

今回は看板メニューである「J−CHAN 冷麺(ナムル付き)」880円を注文。ランチタイムは麺の大盛りが無料だ。さて、冷麺だがコシのあるしっかりした麺で食べ応えがある。スープは氷結タイプでひんやり感があり、さっぱりしていて清涼感もある。ナムルの味も良く、なかなかいいんじゃない?
サービスもとてもスマート。今まで芸能人のお店は何軒か行った事があるが、余り良い印象のお店がなかった事も事実。味、サービス、二の次、話題性重視、というお店が多かったのだ。ちゃらいイメージの石田純一だが、お店はそんなにちゃらくなく、至ってまじめなお店でした。
店内に入ると元気の良い店員さんが出迎えてくれて非常に気分がいいですね。
オーダー通してから着丼まで、約8分程度で合格点だと思います。

概ね好評でした。

石田純一の沖縄の店(冷麺)の値段は?

個人的に芸能人のお店ってなんかおしゃれで無駄に高いイメージなんです。

客単価はどのくらいなのか調べました。

昼なら880円ほどで食べられるメニューがありますね。

夜なら大人二人と想定すると・・・

おまかせナムル3種盛り500円
ヤンニョムチキン350円
サラダ500円
チーズタッカルビ950円
石焼きビビンバ800円
J-CHAN冷麺800円
チヂミ600円

合わせて4500円、それにドリンクが合わせると

一人当たり4000円ほどなるので

一般的な値段になりそうです。

なぜ現地沖縄までいったのか?

石田さんが沖縄に行った理由は冷麺店の経営状態を把握するため

と言われています。

石田純一さんの新型コロナウイルス感染経緯はこちらです。

関係者によると、同冷麺店は3月まで順調だったが、4月に入って急激に売り上げが落ち込んだため、視察に行った。本人は「こんなこと(=感染)になって…」と後悔していたという。msnニュース

打ち合わせに2日間かけてますね。

現在、社会でもZOOMやSkype等で会議を実施されていると思います。

石田さんは60代であるため、新しいものに関して順応するスピードは若者より劣ると思います。

ウェブ上での会議の方法が難しかったのかもしれませんね。

 

SNSやメディアでの反応

志らくさんはメディアでこのように発言されました。

「ゴルフをしていたということで、いろいろ批判が出てくるでしょう。私も、仕事だろうが何だろうが、飛行機なんか乗って行くべきではないと思います。でも、いま苦しんでいる人を、みんなで袋叩きにするのはどうかなあ」

一般の方の反応です。


やはり、SNSでも批判するコメントはありますが

ゴルフをしたことももちろ批難されてしまうかもしれません。

ただ、なぜこの時期に沖縄に飛行機で行ったのかということが問題視されていますね。

閉店の可能性は90%ある?

2018年5月14日放送の有吉ゼミでは

石田純一さんの冷麺店に専門家が鋭いメスを入れる企画がありました。

結果はプロの厳しい診断結果1年以内に潰れる確率は90%でした。

理由としては

「外観」

「非効率(回転率)」

「女性への配慮」

などが指摘され大幅な減点となっていました。

味については

「ヘルシー志向」など言及され沖縄野菜の追加など上げられていました。

オススメのJ-CHAN冷麺をもっと美味しさに追求るべきと指摘されました。

しかし味自体の評価全体的に高い評価だった事は間違いありません。

とにかく

「客単価」

「リピート率」

を重視する事で改善が可能という事でした。

おそらくそこからお店の改善をされたりしていた矢先

コロナウイルス騒動があったのだと思います。

そりゃ、誰だって焦りますよね。

まとめ

石田純一さんのお店「J-CHAN」の口コミはおおむね良好。

番組企画でも味は好評だった。

ただ、「客単価」「リピート率」を重視する必要はある。

今は、ご自身の病状が大変だとは思いますが

ぜひ、またいつかJ-CHANを食べてみたいなと思いました!