新型コロナウイルス

10万給付金は子供や赤ちゃんはもらえる?対象外はどんな人?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、1人10万円の一律給付が閣議決定されました。


1人10万ってことは

子どもは?

赤ちゃんは?

対象外はある?

など本当に自分はもらえるのかを調べました。

給付金の申請方法

給付金の受け取りまでの手順をまとめました。

給付金の申請方法について

申請方法:郵送とオンライン

(やむを得ない場合に限り、窓口における申請と給付を認める)

受付開始日:市区町村から受給権者宛てに5月中に順次郵送

申請期限:受け付け開始から3カ月以内

用意するもの:振込先口座の確認書類と本人確認書類の写し

オンライン申請方式は、マイナンバーカード所持者のみ

(ただし、マイナンバーカードは申請に時間がかかる)

申請方法:マイナポータルから振込先口座を入力

振込先口座の確認書類をアップロード

電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要

対象者:4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人

給付方法:世帯分の給付金が口座に振り込み

 

 

ポイントとして

郵送かオンライン申請になること

4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人

世帯分の給付金が口座に振り込みされること

ということですね。

給付金はこどもや赤ちゃんは本当に受け取れる?

給付金の受け取り方法が分かりましたが、

子どもや赤ちゃんはどうなのか親御さんは気になりますよね。

先ほどのポイントで

4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となるため

赤ちゃん、子どもは住民基本台帳に載っていればもらえます!

ただ、基本台帳に載せていなければ大人も子どもももらえないということです。

本当に全員もらえるの?


基本的には国民一律10万円給付となったので

ほぼ全員が受け取れることになります。

ただ、また麻生財務相が独特な言い回し表現をされていました。

「欲しい方は手を上げていただく」

なんとも麻生さんらしい表現。

いる人は、申請書などで証明すること。

不要な人は、「不要だ」ということを明記すること。

それが、今回の申請書類の「受け取りません」チェックが出来たのでしょう。

 

麻生さんはリーマンショックの時に、

1万2千円の特別給付金は失敗だったと言われています。

原因は「貯金」に回したことです。

貯金に回したことにより、政府が期待したほど経済効果が生まれなかったからです。

ですが、リーマンショックの時と今回の圧倒的な違いは

休業しているかだと思います。

広範囲の職種が長期間の休業はありません。

収入がないのです。

なので、前回のリーマンショックの時より今回の経済的影響は今後も大きくなると思います。

SNSの反応

国民に統一10万円給付が決定されSNSの反応をまとめました。

まとめ

給付金は、4月27日付で住民基本台帳に記載されていれば受け取れる。

よって、記載されていれば子ども・赤ちゃんも受け取れる。

申請方法は郵送かオンラインだけど場合によっては直接でも可。

早ければ5月ごろから開始。

世帯主が指定した銀行口座にまとめて振り込まれる。

以上のポイントで給付金はあと少し時間がかかりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!