新型コロナウイルス

緊急事態宣言目前!食料品の買いだめや混乱を防ぐためできること

4/7にでも安倍首相から緊急事態宣言が発表がある動きになってきましたね。

「緊急事態宣言」が出されることで私たちの生活はどのように変わるのでしょうか?

「食料は大丈夫?」

「買い出しした方がいいのかな?」

など今の状況がいつまで続くのかわからない不安

どこまでの外出制限となるのか

私たちの生活・仕事・学校などどのように変化してしまうのか

現時点でわかることをお伝えしていきます。

緊急事態宣言目前!食料品の買いだめはすでに起き始めている


各方面から安倍首相へ「緊急事態宣言」を出す要望が多数ありました。

やっと、動きはじめた感が強いですが簡単に出せない理由もあったのだと思います。

6日には緊急事態宣言が発令するのではというニュースが入り、

夕方に安倍首相の会見がありました。

それに伴い、SNSでも買いだめ行動が出てしまっているようです。

落ち着いて行動を…がやはりみなさん

買いだめ行動に走っているようですね。

北海道の緊急事態宣言が発令された時の様子

28日には北海道知事より「緊急事態宣言」が発せられ、

道民に対して週末の外出は自粛するように追加要請がありました。

2月26日の「道内の小中高等学校に対する休校要請」後、

スーパーマーケット、生協は大混雑となりました。

続く27日から29日までは年末並みの混雑ぶりで、

結果として3月1日の午前中まで混雑が続きました。

食品では、お米、カップ麺、袋入り即席麺、牛乳やパンなどの主食

野菜は根菜類

畜産物は豚肉や鶏肉

水産物では干物類

加工食品ではレトルト食品(カレー、パスタソース)、レンジ対応米飯類、冷凍食品(惣菜や米飯)など

ストックしておける食品の売れ行きが好調でした。

北海道の時も買いだめ行動が出ています。

今回も同様にしかも全国で買いだめ行動がこれから本格化してしまいそうです。

緊急事態宣言が発令したら生活はどうなる?

安倍首相の発言からも「都市封鎖はしない」のです。

緊急事態宣言が発令されると国のお願いだったものが

指示・中止・強制など効力が強くなります。


引用:日テレ NEWS

すべての店が一時的に閉店するわけでもないです。

スーパーなどは通常通り営業をする予定なので

落ち着いた行動が必要になってきます。

緊急事態宣言発令でSNSの反応まとめ

緊急事態宣言発令でSNSの反応をまとめてみました。


 

まとめ

日毎にコロナウイルスの影響は深刻化しています。

私たち一人ひとりの行動が大切な家族・友人の命を守ることにつながります。

コロナがいても生鮮食品が今すぐなくなるわけではありません。

難しいことかもしれませんが、できる限り落ち着いて行動ができるように努めたいですね。