ミュージシャン

cocomiは親の七光りやコネでデビュー?!フルートの実力は?

キムタク長女のcocomiさんが3月19日に芸能デビューの報道が入りました。

超有名夫婦の長女であり、出生時から何かと名前や芸能雑誌でネタにされることはあったかと思います。

SNSの反応も「可愛い~」「美人さん~」「まってました!」など反応から

有名人の親を持つ子の宿命でもある「コネでしょ?」というSNSの反応をまとめたものと

「コネ」というからには本当に「コネ」だけなのか?

肝心のフルートの実力はどうなのかを検証したいと思います。

cocomiは親の七光りやコネでデビュー?!

デビューするきっかけとなったのはcocomiさんのフルートの演奏だったということが情報にありました。

「耳が肥えたお客さんが多い老舗のステージだったのですが、あるオーケストラグループのステージでCocomiさんが演奏していたんです。ディオールの関係者もその場に足を運んでいたようです。過去にもCocomiさんの演奏を聞きにきていたようで、その美貌と音楽性に目が止まり、オファーしたようです」(前出・ファッション誌関係者)

ただ、有名人の子というだけではやはりデビューとなるきっかけは難しいですね。

cocomiさんの持つ風貌は日本だけでなく、どちらかというと海外向けというか

オリエンタルな印象を受けるので海外での反応も期待したいですね。

デビューの目的は芸能活動をメインには考えていないようですね。

インタビューでも「高校を卒業したことで、色々な経験を積むことで感性の幅をさらに広げていけたら」とあくまでもフルート重視ということなのでしょう。

たしかに、音楽1本で生きていくより、音楽は感情を伝えるものでもあります。

おそらくcocomiさんにしかできない経験があると思います。

チャンスをしっかりつかんで経験値を積み、幅のあるフルート演奏ができればいいなと個人的には思います。


cocomi(キムタク長女)のフルートの実力は?

実際のところcocomiさんのフルート演奏の実力はどうなのか?

3才からヴァイオリン、11才でフルートを始め全国区規模のコンクールで数々の受賞を誇る腕前だ。
NEWS ポストセブン

2013年に ヤマハジュニアフルートコンテストで最優秀賞をされています。

第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選で高校生部門1位で優勝

東京大会本線を通過すれば「第73回全日本学生音楽コンクール」全国大会・フルート部門に出場可能となっていました。

残念ながら全国大会の結果にはcocomiさんの名前はありませんでした。

2019年に日本奏楽コンクールで最高位となる準グランプリを受賞。

以上のようにフルートの実力はあります!!

cocomi(キムタク長女)は親のコネなのではSNS反応まとめ

コネに対しての意見も予想通り出てきましたね。


cocomi(キムタク長女)は親のコネでデビュー?!フルートの実力は?のまとめ

有名人の親を持つと「コネ」「七光り」とか言われてしまいます。

cocomiさんはルックスは妹のkokiさんとはまた違う良さもあり、

海外での活躍も可能なくらいの雰囲気はありますよね。

今は聞きたくない声を聴いてしまうかもしれませんが

これも人生の経験値だと思い、何より妹さんがそういう意味では

芸能界での先輩になるため姉妹や家族でのサポートは問題ないのかもしれません。

cocomiさんのさらなる活躍、フルートへの情熱を注ぎ続けていってもらえればと思います。