新型コロナウイルス

新学期を9月へのデメリット・メリットは?学年、受験や就職への影響はある?!

新型コロナの影響による休校が長引く今、新学期を9月にしてはどうかという議論が巻き起こっていますね。

確かにこのまま登校できずに時間だけがたっていくのであれば、思いきって夏休みいっぱいまで休校にして、9月から学校再開にするというのも一つの解決法です。

今回は、新学期を9月からにした場合のメリット、デメリットを調べました。

さらに9月入学になったら子どもたちの生活はどうなっていくのか、ということについて考えてみました。

新学期を9月へ移行するデメリットは?

新学期を9月へ移行するデメリットはどんなものでしょうか。

  • 9月になっても新型コロナの影響で学校再開できるかわからない
  • 誕生日による学年分けの基準が変わる
  • 就職活動、就職の時期が変わる
  • システムや手続きの変更に時間がかかる
  • 日本特有の季節や歌が変わってしまう

という感じです。

教育、社会など様々な場面での調整が必要になることは予想されます。

新学期を9月へ移行するメリットは?

まずは新学期を9月に移行した場合のメリットです。

  • 新型コロナの影響による休校を夏休みまで延長できる
  • 新学年で1年過ごすことができる
  • 以前から海外に合わせて9月入学にという案はあったため、いいチャンスになる
  • 入試の時期が春~初夏になる
  • 海外留学のタイミングが合いやすくなる

5つのメリットがありそうです。

おそらく学校再開はまだまだ先になると思います。

9月にコロナが落ち着く保証もありません。

ただ、新学期として少しでも長く子どもたちが過ごす期間は確保できそうです。

冬の受験は体調管理や、大雪で混乱しながらのセンター試験が心配です。

9月入学になれば、試験が夏になるので上記のような心配はありませんね。

留学生にとっては来るのも行くにも9月入学であれば動きやすいというメリットもありそうです。

もしも将来的に日本も海外に合わせて9月入学にするのであれば、今回の長期休校は移行期間としてまたとないチャンスです

新学期を9月へ移行した場合学年の区切りはどうなる?

現在の学年のくくりは4月2日生まれから翌4月1日生まれとなっています。

新学期が9月からになった場合、最終的には学年のくくりは9月1日生まれから翌8月31日生まれまでになると考えられます。

どのタイミングで学年を変更するのかは検討が必要になります。

新学期を9月へ移行した場合、学校行事はどうなる?

新学期が9月になった場合、学校行事もスケジュールの再調整が必要です。

入学式や卒業式はもちろん、運動会や体育祭、文化祭、学芸会、遠足、社会科見学、進路指導など、学校生活にはたくさんの年間行事が組まれています。

当然、受験の時期も変わってきます。

今までと同じように3学期制にするなら、

入学式は9月初旬

運動会や文化祭は秋か春

受験は5~6月

7月卒業式という感じになりますかね。

または、海外と同じように9月スタートの2期制という可能性もあります。

海外では9月入学が主流とはよく言われていますよね。

1月:シンガポール
3月:韓国
4月:日本・パナマ
5月:タイ
9月:アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、ロシア、トルコ、中国、モンゴル

となります。

主要国のほとんどが9月が多いということで、全世界共通ではないです。

新学期を9月へ移行した場合、就職時期はどうなる?

学校の年度が9月スタート8月終わりになった場合、新卒生が就職するのも9月からということになります。

就職活動の時期も、学生側と企業側で再調整が必要になる可能性もありますね。

会社も年度開始が4月になっているので、年度の途中で新入社員が入社するいうことになります。

医療従事者や公務員は国家試験を受けて合格のち入職となるため

国家試験などの日程も変更が必要になってきますね。

9月新学期にすることでSNSの反応は?

賛成派はこちらです。


反対派もどうぞ。

まとめ

9月に変更することでのメリット・デメリットはありました。

現実はコロナがまだまだ猛威を振るっている状態で学業・社会が停止している状態です。

教育体制を変更することは日本全体を調整する必要があります。

たしかに、今回のコロナウイルスでの全国緊急事態宣言などで非日常がある時のタイミングで移行するという考えもわかります。

まだまだ賛否両論ではありますが、考えるタイミングなのかもしれません。

10万円給付金を世帯主振り込みは困る人続出?!ヤバすぎる理由は?

湯崎知事が県職員の10万給付金をカツアゲ状態?!県職員の生活は大丈夫?[/box06]